【スプラ2】「ロボットボム」の基本性能

自ら歩いて相手に近づくボム「ロボットボム」の基本性能を紹介します。

「ロボットボム」の基本性能

確定数 1発

投げた場所の周囲に相手がいないか探知し、相手に向かって自ら歩いていくボムです。ユニークなサブウェポンが登場しましたね!

ボムらしく、相手を1発で倒すことができます。

「ロボットボム」を投げると円形の枠が表示され、その枠の中にいる相手を探知する模様。

相手を追いかける「ロボットボム」かわいいですねw

見た感じ、イカが歩く速度と同じくらいかな?イカダッシュだと逃げ切られそうですが、足場がなければ、かなり避けにくいボムになるんじゃないでしょうか!

「ロボットボム」を使えるブキ

「ホクサイ」はクリアリングが苦手なブキなので、「ロボットボム」との相性はよさそうですね!

感想

クリアリング性能の高いボムが登場しましたね!ローラーなど、潜伏がメインの立ち回りになる短射程のブキの天敵になるのではないでしょうか。

というか、公開されている情報だけだと、短射程のブキが、かなり辛そうに見えますね。スプラ1でも短射程のブキは、不遇な面が目立ってました。スプラ2では調整されてるといいんですけどね~。

※この記事の内容は2017年6月21日時点のものです。

【スプラ2】「ホクサイ」の基本性能(サブ・スペシャル)

スプラ2の「ホクサイ」のサブウェポン・スペシャルウェポンなど、基本性能を紹介します。

「ホクサイ」の基本性能

サブ ロボットボム
スペシャル ジェットパック

「ホクサイ」は、ローラーの中でも「フデ」というカテゴリーに分類され、「振り」による連続攻撃と、移動速度の速い「塗り」が魅力のブキです。

スプラ2では、「ロボットボム」というクリアリングや、けん制に役立つサブと、スペシャル「ジェットパック」という遠距離攻撃の手段を得ました。スプラ1でいう「ホクサイ・ヒュー」みたいな感じかな?

ローラーに分類されるので、しばらく「塗り」続けていると、移動速度が速くなるという新仕様が適用されるかもしれません。

「ホクサイ」のサブ・スペシャル

「ロボットボム」は、新たに追加されたサブウェポンで、投げた場所の周囲の相手に、自ら歩いて近づくボムです。

周囲に相手がいなかった場合などの細かな仕様は不明ですが、メインでクリアリングしにくい「ホクサイ」にとっては、なかなか頼れるサブになるのではないでしょうか!

使用感次第ですが、「ホクサイ」は射程が長いブキと会敵したら逃げないといけないので、とりあえず投げて逃げるのにも使えそう!

スペシャルは「ジェットパック」ですね!どちらかといえばガチマッチ向きのスペシャルだと思います。「ホクサイ」は遠くの相手を攻撃できないので、遠距離攻撃の手段を得られるという意味で悪くないと思います。

感想

「ホクサイ」は、シューターほどシビアなエイムを求められないので、初心者でもある程度キルを取りやすいのが魅力ですよね!

ただ、至近距離での撃ち合いが多くなるので「復活時間短縮」の弱体化の影響は大きそう。「攻撃力アップ」のギアも未だ公開されておらず、廃止になっている可能性がありますし、メインだけ見てもスプラ1とは違ったニュアンスになるかもしれません。

「ロボットボム」の性能次第で評価がかわりそうですね!今のところ公開されている情報だと、結構相性よさそうな印象です。

※この記事の内容は2017年6月21日時点のものです。

【スプラ2】「ジェットパック」の基本性能(必要塗りポイント)

スプラ2の新スペシャル「ジェットパック」の必要塗りポイントなど、基本性能を紹介します。

「ジェットパック」の基本性能

必要塗りP 180P

インクを噴射して空を飛び、ランチャーで攻撃ができる新スペシャルです!必要塗りポイントは180Pと、そこそこですね。

ランチャーによる攻撃は、着弾すると爆発するブラスターみたいな感じ。直撃すれば1発で倒せます。

噴射されるインクは、塗りが可能で、攻撃判定もあります。無敵はなく、空を飛ぶので狙われやすくなります。

発動中は、発動した場所に相手にも見えるマーカーが表示され、稼働時間が限界に達すると、発動地点に戻されます。当然、着地狩りのリスクもあります。

ZLボタンでイカ状態になれば、その間だけ降下でき、Bボタンで瞬間的に高度を上げることもできます。

ロマンがあるスペシャルですが、試射会では「ジェットパック」で活躍してるイカを、あまり見てないんですよね~。使いこなせれば強いスペシャルなのか、今のところ、何ともいえません。

「ジェットパック」の動画

「ジェットパック」を使えるブキ

感想

これは…どうだろう。正直、あまり強い印象がないんですよねw

試射会では使いこなせるプレイヤーが少なかったから活躍してるイメージがないだけかもしれませんが、試射会で当てられないスペシャルを、ガチ勢に当てられるんだろうか。

ただ、それはナワバリでの話なので、ヤグラやホコでの押し込みには活躍できそうです!ヤグラやホコに注意が向いているイカたちを、上から狙い撃ちできるとなると、かなり強そうですよね!

※この記事の内容は2017年6月21日時点のものです。

【スプラ2】シャプマ(シャープマーカー)の基本性能(サブ・スペシャル)

スプラ2の「シャープマーカー」、通称「シャプマ」のサブ・スペシャルなど、基本性能を紹介します。

「シャープマーカー」の基本性能

サブ ポイズンミスト
スペシャル ジェットパック

見て!このデザイン!かわいい!w

詳しい情報は出ていませんが、スプラ1から変わっていなければ、射程はスプシュよりちょっと短め、確定数は4発と、「それスプシュ使ったほうがよくね?」という性能です。

魅力は、連射の速さと集弾性。ただ、キルスピードはスプシュより遅いですし、集弾性もスプシュで困らないですからね~。

スプラ1でのシャプマの魅力は、スペシャルのキューバンボムラッシュ!圧倒的な制圧力で、人数不利でもガチエリアを無理やり確保するなど、実はかなり強力なブキでした!

が、スプラ2では、サブは「ポイズンミスト」、スペシャルは「ジェットパック」になってしまいました。立ち回りの変更は余儀ないですね。

「シャープマーカー」のサブ・スペシャル

前述のとおり、サブは「ポイズンミスト」、スペシャルは「ジェットパック」です。スプラ1のシャプマとは別物だと思ったほうがいいですね。

メインの性能がいいわけではないので、「ポイズンミスト」は味方のサポートに使うことになりそうですね。もちろん、自分で倒しにいけないこともないと思いますが。

遠距離攻撃の手段があるという意味では悪くないのかなと思います。

ただ、「ジェットパック」の強さは未知数。試射会では、たくさんキルを取っているイカを見かけることは少なかったですが、使いこなせると打開に使えるスペシャルになり得るのか。まだ、何とも言えません。

感想

これ大丈夫!?未来なくない!?

スプラ1では、シャプマは愛用ブキのひとつだったのですが、これは、もう別のブキといってもいいかもしれません。キューバンボムラのないシャプマって、ねえ?w

今のところ思いついたのは、調整された「復活時間短縮」を積んで、キルを取らずに「ポイズンミスト」でサポ専になるという立ち回り。幸いメインの塗りも悪くないですし、「ポイズンミスト」の性能によっては実用レベルかもしれません。ヤグラやホコの押し込みのときは、「ジェットパック」で上からキルを取りにいくって感じで。

でも、キューバンボムラ欲しいよ~w「シャープマーカークラシック」とかいう名前で、キューバンボムラのマイナーチェンジ版が登場してほしいですw

※この記事の内容は2017年6月21日時点のものです。

【スプラ2】「カーリングボム」の基本性能(インク消費量)

スプラ2の新しいサブウェポン「カーリングボム」の基本性能を紹介します。

「カーリングボム」の基本性能

インク消費量 60%(?)
確定数 1発

「カーリングボム」は、試射会で大好評だった、スプラ2の新しいサブウェポンです!

スプラ1の「チェイスボム」のように、地面を塗りながら移動するボムなのですが、ホーミング機能はなく、壁に当たっても爆発せずに跳ね返ります!

爆発までの時間は、構えている時間によってかわり、長く構えるほど爆発までの時間が短くなります。

「カーリングボム」自体を相手に当てても爆発することはなく、相手をちょっとだけノックバックさせることができます。ダメージもちょっとだけあるのかな?まだ、わかんないです。

インク消費量が少なめなこともあり、とりあえず気軽に投げられるのが特長。爆発による事故を誘うこともでき、かなり使いやすいサブだと思います!

「カーリングボム」の動画

「カーリングボム」を使えるブキ

今のところ「スプラローラー」だけ!ローラーとの相性はいいと思うので、「スプラローラー」は、かなりいいサブをもらったんじゃないでしょうか!

感想

かなりいいサブウェポンだと思います!

スプラ1のチェイスが微妙だったので、そこそこの性能かな~と思っていたのですが、インク消費量ががっつり減ったこともあって、一気に使いやすいサブになりました!

スプボムみたいに相手を狙って倒すボムではなく、キューバンみたいに、けん制に輝くサブになりそうですね!

※この記事の内容は2017年6月21日時点のものです。

【スプラ2】「スプラローラー」の基本性能(タテ振り)

スプラ2の「スプラローラー」の基本性能を紹介します!新アクション「タテ振り」も紹介!

「スプラローラー」の基本性能

サブ カーリングボム
スペシャル スーパーチャクチ
確定数 1発
スペシャル必要ポイント 180p
解禁条件 ランク3
おカネ 1800

標準的な性能のローラー「スプラローラー」!サブとスペシャルは変わりましたが、スプラ2でも使えます!

サブは「カーリングボム」、スペシャルは「スーパーチャクチ」です。サブスペについて詳しくは後述。

「スプラローラー」の魅力は「振り」でも「塗り」でも相手を1発で倒せる攻撃力!さらに、スプラ2のローラーには「タテ振り」という新アクションが追加されています!

新アクション「タテ振り」

ジャンプ中に「振り」を使うことで、ローラーをタテに振ることができます!インクの横幅は狭くなるものの、遠くまでインクを飛ばすことができるようになりました!

が、この「タテ振り」、相手に当てるのは想像以上に難しい!動いている相手に対しては、動きの先読みをしないと、なかなか当たりません。マニューバーの「スライド」とは違って、練習すればどうこうってレベルじゃない気がしますね。

ただ、「タテ振り」を使うことで、長~い道をつくることができます!「スプラローラー」には「カーリングボム」があるので、お世話になることは少ないかもしれませんが、他のローラーでは大活躍でしょう!

また、「タテ振り」は、高めの壁を一瞬で塗ることができます!ローラーは、今まで壁を塗るのはすごーく苦手だったので、楽に壁を塗れるようになったのは強化だといえるでしょう!これは、すごく使いそう!

ちなみに、地上での「振り」でローラーを抱え上げた瞬間にジャンプすれば、スプラ1のようにジャンプ中に「ヨコ振り」することも可能です。

「塗り」の加速

スプラ2ではローラーの塗りが強化され、しばらくコロコロと塗っていると、移動速度が速くなるようになりました!

ガチマッチだと強化を実感できる機会は少ないかもしれませんが、ナワバリバトルだと「タチウオパーキング」の通路など、自陣の通路を塗るときに輝きそうです!

「スプラローラー」の動画


ローラー振るイカちゃん、かわいいなw

「スプラローラー」のサブ・スペシャル

「スプラローラー」のサブは「カーリングボム」、スペシャルは「スーパーチャクチ」です。

「カーリングボム」は試射会でも大好評だったサブウェポンで、インク消費量が(おそらく)60%と、気軽に投げられるのが魅力!「カーリングボム」を追いかけるように距離を詰める使い方が輝きそうですね!

スペシャルの「スーパーチャクチ」は…どうだろう?無敵はないものの、追い詰められたときの緊急回避に使うような感じでしょうか。「スプラローラー」自体が、近距離戦が苦手というわけではないので、相性抜群というわけでもないかな~。

感想

「スプラローラー」系統は、スプラ1の後期には、かなり数が減っちゃったブキなので、スプラ2では長く使われてほしいですね!

ただ、スプラ1の初期の「スプラローラー」はマジで強かったからな。調整に期待しましょうw

バケツもそうだけど、ローラーって他のTPSやFPSでは絶対に武器として使われないブキだから、「スプラトゥーン」を象徴するイメージがあって、すごく好きなんですよね!

※この記事の内容は2017年6月21日時点のものです。

【スプラ2】「ポイズンミスト」の効果・基本性能【スプラトゥーン2】

スプラ2の新しいサブウェポン「ポイズンミスト」の効果など、基本性能を紹介します。

「ポイズンミスト」の基本性能

スプラ1の「ポイズンボール」にかわるサブになると思われます。

「ポイズンミスト」の効果は、着弾した場所の周囲にしばらくの間、霧をつくり、その霧の中の相手は、移動速度が少し遅くなり、インクが徐々に失われるというもの。

インクが失われる速さは、霧の中の滞在時間に比例します。

うーん、今、公開されてる情報だけじゃ何ともいえないですね~。インク消費量や、霧の持続時間、移動速度がどれほど遅くなるのかや、インクがどのくらいの速度で減っていくのかによります。

ちなみに、スプラ1の「ポイズンボール」のインク消費量は50%!「ポイズンボール」と同じインク消費量で、移動速度も「ポイズンボール」と同じくらい遅くなるのであれば、気軽に投げていける、使いやすいサブになりそうですね!

「ポイズンミスト」を使えるブキ

感想

スプラ1で「ポイズンボール」が強かったのは「バリア」があったからだと思うから、「ポイズンミスト」は単独でも、それなりに使いやすい性能にしていいんじゃないかと思いますね。

移動速度が「少し」遅くなるとのことですが、せめて「マルチミサイル」から逃げられないくらいには遅くなってほしいw

※この記事の内容は2017年6月20日時点のものです。

【スプラ2】「ホットブラスター」の基本性能(サブ・スペシャル)【スプラトゥーン2】

スプラ2の「ホットブラスター」のサブウェポン・スペシャルウェポンなど、基本性能を紹介します。

「ホットブラスター」の基本性能

サブ ポイズンミスト
スペシャル スーパーチャクチ

スプラ2でもブラスターは健在!「ホットブラスター」は、ブラスターの標準的な性能になると思われます。「ホットブラスター」のデザイン、かっこいいですよね~!

確定数は不明ですが、スプラ1から変更がなければ、直撃で1発、爆風で2~3発です。たぶん、変更ないんじゃないかな。

サブは新しい「ポイズンミスト」、スペシャルは「スーパーチャクチ」です!

「ホットブラスター」のサブ・スペシャル

前述のとおり、サブスペは「ポイズンミスト」と「スーパーチャクチ」の組み合わせです。

「ポイズンミスト」との相性は悪くない気がしますね!「ポイズンミスト」で動きを止めて、メインで倒すって感じ。おそらく直撃をとれば1発で倒せますし!

ただ、スプラ1の「ホットブラスター」(サブ「ポイズンボール」)で、そんな使い方で強かったかというと…微妙ですねw

「スーパーチャクチ」も悪くない気がする。距離を詰められて、メインで倒すのが難しい状況でも、ワンチャンが生まれる気がします!

「ポイズンミスト」を当てて「スーパーチャクチ」で倒しにいくっていうのはどうだろう!?…うーん、ちょっと難しい気がするな~。

感想

メインの性能も、スプラ1から変更がなければ安定してますし、サブスペとの相性も悪くない気がします。結構、使いやすいんじゃないでしょうか。

距離を詰められたときの「スーパーチャクチ」が、どれほど有用にはたらくかで評価がかわりますね!スプラ1の「バリア」感覚で使えるんなら、スプラ1のホッカスみたいに使いやすいブキになるでしょう!

※この記事の内容は2017年6月20日時点のものです。

【スプラ2】「マルチミサイル」の基本性能(必要塗りポイント)【スプラトゥーン2】

スプラ2の新スペシャル「マルチミサイル」の必要塗りポイントなど、基本性能を紹介します。

「マルチミサイル」の基本性能

必要塗りP 200P

「マルチミサイル」は、発動すると表示されるカーソルの中に相手のイカを入れてロックオンし、ロックオンした相手に、自動追尾するミサイルを発射する新スペシャルウェポンです。

1人に4発発射するので、4人ロックオンすれば16発ものミサイルを発射することができます!

強そうですが、相手視点だと、着弾する場所にミサイルの影のような目印が表示されるので、足場があれば避けるのは簡単だったりしますw塗りも弱い。

が、このスペシャルのいいところは、カーソルの中に相手のイカがいれば、死角であっても、おおよその位置を把握できるところです!

こんな感じ!右のほうがカーソルが大きいのは「スペシャル性能アップ」のギアパワーが適用されているからです。

また、塗りが弱いとはいえ足場を奪うには十分ですし、ミサイルの影から逃げてきたイカをメインで迎え撃つという立ち回りが可能で、これが非常に強力です!

必要塗りポイントも200Pと、今のところ最多ですが、個人的には今のところ、いちばん強いスペシャルなんじゃないかと思ってます!

「マルチミサイル」を使えるブキ

どちらも、そこそこ塗れるし、中距離で戦うブキなので、相性はかなりよさそうです!

「マルチミサイル」の動画

感想

これは強そう!

ナワバリだと、ぶっぱするしかなさそうですが、ガチマッチだと相手が近い場所に集まりやすいので、一気にロックオンして「マルチミサイル」を発射!それに合わせて味方とタイミングを合わせて突っ込むという、スプラ1の「トルネード」のような打開方法に使えそうです!

まあ、スプラ1の「トルネード」のようだというのなら、味方がいないときや、適当に撃っても、あまり恩恵を得られないといえるかもしれませんね。

スプラ2のスペシャルは打開に輝きそうなものが少ないので、「マルチミサイル」はかなり強い部類になるのではないでしょうか!

※この記事の内容は2017年6月20日時点のものです。

【スプラ2】「スプラマニューバー」の基本性能(スライド)【スプラトゥーン2】

スプラ2の新ブキ「スプラマニューバー」の基本性能を紹介します。マニューバー特有のアクションの「スライド」も紹介しますね!

「スプラマニューバー」の基本性能

サブ クイックボム
スペシャル マルチミサイル
確定数 5発
スペシャル必要ポイント 180p
解禁条件 ランク4
おカネ 2200

スプラ2から新たに追加されたブキの種類「マニューバー」の代表的なブキです!二丁拳銃!かっこいい!

連射は速いものの、確定数は5発!射程もスプシュより短いので、まともに撃ち合っても負けてしまいます。そのまま使っても、サブに同じクイボを持つスプシュの劣化になりやすいです。

ので!差別化に輝くのが、マニューバー特有のアクション「スライド」と、優秀なスペシャル「マルチミサイル」です!

マニューバー特有アクション「スライド」

インクを撃ちながらBボタンを押すことで、スティックの方向に高速で移動することができる「スライド」!かっこいい!

「スライド」は2回まで連続でおこなうことができ、「スライド」後は構えが変化して、一点に高速連射できるようになります!

これで相手のエイムをずらして、一方的に攻撃できます!

ただ、相手のエイムがずれるように、自分のエイムもずれるので、使いこなすには練習が必要みたいですw

「スプラマニューバー」の動画


やっぱり、かっこいいな~!

「スプラマニューバー」のサブ・スペシャル

「スプラマニューバー」のサブウェポンは「クイックボム」、スペシャルウェポンは「マルチミサイル」です。

この組み合わせは結構強いと思ってまして、近~中距離の選択肢を増やせる「クイックボム」に、遠距離攻撃ができる「マルチミサイル」の組み合わせは相性良好!

「マルチミサイル」だけで相手を倒すのは難しいですが、足場を失ったり、逃げてきたイカを倒せる機動力が「スプラマニューバー」にはあります。中距離シューターと「マルチミサイル」との相性のよさは、試射会でもいわれてましたしね!

感想

スプシュの劣化になりやすいブキだというのは否めませんが、スプシュにはない「スライド」や「マルチミサイル」を活かせれば、心配されているほど弱いブキにはならないんじゃないかな~と思ってます。

ただ、使いやすいのは、やっぱりスプシュのほうなので、使うのには愛が要るブキになるかもしれませんね!

※この記事の内容は2017年6月20日時点のものです。