【スプラ2】「海女美術大学」を画像つきで紹介

スプラ2のステージ「海女美術大学」を画像つきで紹介します。

「海女美術大学」の紹介

「海女」の読みは「あま」でいいのかな?開けたステージに見えますが、意外と障害物も多いみたいですね。

インクがかからず、上れない壁もある模様。

チャージャーは、身を隠せる壁もあるみたいです!

中央付近はどうなんでしょうか?ある程度、障害物があるので、短射程のブキも戦えるように見えなくもないのですが。

中央の高台は、ダイナモが上ってバシャバシャやると、すげー強そうですね!そして、それを撃ち抜くのがチャージャーの仕事になりそう。

感想

公衆電話があるwスプラってステージの細かいところにも気合い入ってますよねw

エリアは中央の高台周りになると思われます。ダイナモとかで高台からバシャバシャやると強そうですし、チャージャーが陣取っても強そうです。スプラ1の、Bバスのタワーみたいな感じになりそうですね!

でも、エリアの中央にある高台って、Bバスのタワーより強くない?w

※この記事の内容は2017年6月26日時点のものです。

【スプラ2】「コンブトラック」を画像つきで紹介

スプラ2のステージ「コンブトラック」を画像つきで紹介します。

「コンブトラック」の紹介

意外と起伏が激しいステージですね!

エイムを合わせるのが難しそう。左右のエイムって、まだ簡単なほうですけど、それに上下のエイムが加わると、ね。難しいですよね。

起伏が激しいとはいっても、上れる壁があるわけではなく、道が波打ってる感じです。ので、ローラーは戦いにくそうですね。射程が長いブキが強そうな印象です。

感想

公開されてる画像だけだと、短射程のブキはかなりキツそう。中央だと戦えるのかな?

短射程のブキは、潜伏からの不意討ちが立ち回りの基本になるので、身を隠せる場所がたくさんあるといいんですけどね!

※この記事の内容は2017年6月26日時点のものです。

【スプラ2】「ガンガゼ野外音楽堂」を画像つきで紹介

スプラ2のステージ「ガンガゼ野外音楽堂」を画像つきで紹介します。

「ガンガゼ野外音楽堂」の紹介

フェスのときはステージが夜になるので、ライトがめちゃくちゃ映えそうですね!楽しみ!

立ち回り的なことは、まだ何ともいえませんが、ステージの上が強そう(小並感)。

感想

うん、まだ情報が少なすぎて何とも言えないや!wごめん!

ステージ紹介の記事は、スプラ2が発売して情報が判明したら、ステージごとの立ち回りを紹介する記事になる予定です。それまでは、一緒にいろいろ妄想してワクワクしましょうw

※この記事の内容は2017年6月26日時点のものです。

【スプラ2】「フジツボスポーツクラブ」を画像つきで紹介

スプラ2のステージ「フジツボスポーツクラブ」を画像つきで紹介します。

「フジツボスポーツクラブ」

試射会でもプレイできたステージですね!広さはバッテラを一回り小さくしたくらい。

つくりもバッテラと似ていて、前線となる中央の木製の足場に、全方向から上ることができる仕組みになっています。

どのブキも活躍できそうですが、やっぱりチャージャーは定位置がなさそうな印象。バッテラと同様、味方に合わせて前に出る立ち回りになりそうです。

ちなみに、周りのボルダリング(フジツボ?)の壁を上ることはできません。公開当初は、ちょっと期待したよね!w

感想

バッテラもそうですが、シンプルなステージですね!ギミックがあるトリッキーなステージは、徐々に追加されていくのかな?

スプラ1のときから、ヒーローモードには「これがオンラインのステージであったら楽しそうなのにな~!」というギミックがたくさんあったので、スプラ2ではがんばってほしいですよね!

※この記事の内容は2017年6月26日時点のものです。

【スプラ2】「バッテラストリート」を画像つきで紹介

スプラ2のステージ「バッテラストリート」を画像つきで紹介します。

「バッテラストリート」の紹介

たしか、スプラ2で最初に公開されたステージですね!

落下するポイントもないのかな?広くも狭くもない、オーソドックスなステージになってます。

上から見ると正方形に近いかたちになってます。まっすぐ前線に向かうと角が塗れないので、ナワバリでは塗り残しに注意ですね!

公開当初の画像です。中央の橋は、石造りのアーチ型に変更になりました。

スタート地点は対角線状の角から。ナワバリ以外のルールでは違うかもしれません。

スタート地点のデザインも変更になってます!

新機能「プラベ観戦機能」で見たバッテラストリート。

どのブキでも活躍できそうですが、チャージャーは安定したポジションがなさそうな印象です。味方に合わせて前に出る必要がありそう。

感想

クセのないシンプルなステージのひとつになりそうですね!

前述のとおり、チャージャーは安定したポジションがなさそうなので、味方に合わせて前に出ることになりそう。

スタート地点の周りには相手が入ってくることができないエリアがあり、そこから中央に飛び下りることができる仕組みになってます。

ナワバリを含む多くのルールでは、味方が入ることができないギリギリまで前線を上げ、飛び下りてきた相手を確実に倒していくという立ち回りが、いちばん強そうですねw

4人いれば分担して、下りてくるポイントをすべて見ることができそう。野良だと難しいと思いますけどね。

※この記事の内容は2017年6月26日時点のものです。