【スプラ2】「トラップ」の基本性能紹介!強化点まとめ

スプラ2のサブウェポン「トラップ」の基本性能を紹介します。スプラ1から強化されました!

「トラップ」の基本性能

「トラップ」は設置型のサブウェポンで、相手がトラップを踏んだり、(おそらくスプラ2でも)相手の色のインクがかかると爆発します。

味方は設置されているトラップを視認できますが、相手からは視えません。

相手が踏んだり、相手の色のインクがかかってから爆発するまでにはタイムラグがあり、爆発の範囲も控えめなので、トラップの起動を確認してから回避が間に合います。

おそらく、前作のスプラ1において最も不遇なサブですw

スプラ2では、時間経過で爆発しなくなったり、一度に2つ設置できるようになったり、爆発に巻き込んだ相手をマーキングできるようになったりと、一気に強化されました!

トラップの起動を確認してから回避が間に合うのは同じだと思いますが、かなり使い勝手がよくなったと思います!

マーキングできるようになったので、相手の裏取りルートに置いておくだけでも、裏取りの抑制になりそうです。

感想

うーん、使ってみないとわかんないけど、やっぱり地味なサブですよねw

2つ設置できるようになったので、相手が1つめのトラップから逃げた先で、2つめのトラップで倒す!なんてこともできるかもしれません。すごーくうまくいけばだけどw

注目したいのはマーキングの効果ですね!その効果範囲によっては、本当に裏取りの対策になり得ます!まあ、たぶん対策になるほどではないと思います。

うーん、不遇だ。

※この記事の内容は2017年6月24日時点のものです。

【スプラ2】「ダイナモローラー」の基本性能紹介!「タテ振り」はできるのか

スプラ2の「ダイナモローラー」、通称「ダイナモ」の基本性能を紹介します!ダイナモも新アクション「タテ振り」ができるのでしょうか!

「ダイナモローラー」の基本性能

サブ トラップ
スペシャル ハイパープレッサー
確定数 1発

重いタイプのローラーで、「振り」は遅く、「塗り」も使い物にならないくらい遅いです。

が、そのデメリットが気にならないほど「振り」の塗り性能が高く、「ナワバリバトル」はもちろん、瞬間的な塗り性能が高いので「ガチエリア」に適性があります!もちろん、インク消費量は相応。

「振り」の射程もローラーとは思えないほど長く、そのインクの飛距離は中距離シューターと撃ち合えるほどです!スプラ1では、ダイナモが苦手な中距離シューター使いも多かったんじゃないでしょうか。

さらに、スプラ2では「タテ振り」という新アクションを得ました!ダイナモも「タテ振り」可能で、その射程は長距離シューターに匹敵するほど。「タテ振り」を当てるには先読みが必要とはいえ、上手いイカが使ったら手がつけられないんじゃw

まあ、チャージャーや、足元へのスプボムに弱いところは同じです。

「ダイナモローラー」のサブ・スペシャル

サブは「トラップ」!頻繁に使うことはなさそうw

スプラ2からは、爆発に巻き込んだ相手をマーキングする効果が追加されたので、余裕があれば、相手の裏取りルートに設置しておくくらいでしょうか。

基本的にメイン振ったほうが強い気がします。

スペシャルは「ハイパープレッサー」!これも頻繁に使うことはなさそうw

ダイナモの仕事は塗りであることが多いので、発動中、塗れなくなる「ハイパープレッサー」を使うくらいなら、メイン振ってたほうが強い気がしますね!

周囲がしっかり塗れてて、遠くのチャージャーをどかしたいというときには役に立つかも。

感想

サブスペには微妙感ただよいますが、メインの性能がいいので強いと思います。

エリアのときとか、味方にダイナモいると塗りが楽ですもんね~!反対に、相手にダイナモいるときは優先的に倒しにいくし。相手のダイナモを倒してくれるチャージャーは、本当に頼りになります。

そういえば、ダイナモのイカ速が10%遅くなるという補正は、スプラ2でも健在なんだろうか。健在…だろうね~w

※この記事の内容は2017年6月24日時点のものです。

【スプラ2】「スプリンクラー」の基本性能

スプラ2のサブウェポン「スプリンクラー」の基本性能を紹介します!

「スプリンクラー」の基本性能

「スプリンクラー」は設置することでインクを撒き散らし、周囲を塗ってくれるサブウェポンです。設置時のインク消費量は多いものの、相手のあぶり出しや足場の確保、オトリなどに使える優秀なサブです!

相手から攻撃されると、壊れて消えてしまいます。また、設置したプレイヤーが倒された場合も消えてしまいます。

「スプリンクラー」が撒き散らすインクにはダメージ判定があり、相手を倒すこともできます。「スプリンクラー」に倒されると「スプリンクラーにやられた!」という、ちょっとくやしいメッセージが出ますw

「スプリンクラー」で狙って相手を倒すのは難しいので、ダメージが蓄積した相手へのトドメの一撃が「スプリンクラー」だったというパターンが多いですね。

スプラ2では、設置直後の塗りが強化されたものの、しばらくすると塗りが弱くなるという変更が入りました。適度に設置し直す必要が出てきたといえるかもしれません。

「スプリンクラー」を使えるブキ

「スプリンクラー」を使えるのは、今のところ「バレルスピナー」だけです。前線から、つかず離れずの位置で戦うブキなので、「スプリンクラー」との相性は悪くありません。メインの射程が長いので、「スプリンクラー」をオトリにも使いやすいです!

感想

設置直後の塗りの強化の度合いと、設置後しばらくしてからの塗りの弱体化の度合い次第ですが、スプラ2でも有用なサブになるのではないでしょうか!

個人的には、相手を倒すためのサブではなく、塗るためのサブだというのが気に入ってます。塗ることが目的のサブって他にないんじゃないかな?スプラ1では、「スプリンクラー」は5人目の味方だ、という愛用者もいましたw

華はないものの強力なサブですし、スプラ2で使うのが楽しみです!

※この記事の内容は2017年6月24日時点のものです。

【スプラ2】「バレルスピナー」の基本性能(サブ・スペシャル)

スプラ2の「バレルスピナー」、通称「バレスピ」のサブウェポン・スペシャルウェポンなど、基本性能を紹介します!

「バレルスピナー」の基本性能

サブ スプリンクラー
スペシャル ハイパープレッサー
確定数 4発(?)

バレスピは「スピナー」というタイプに分類され、スピナーの中で標準的な性能のブキです。チャージが必要なシューター、あるいは連射できるチャージャーのようなブキですね。

(スプラ1から変更がなければ)確定数は4発と多いですが、連射は非常に速く、チャージ時間を含めないキル速はスプシュと同速(らしい)!チャージャーほどではないけど、射程も長い!

つまり、チャージが必要だけど高性能なブキ、ということですね!

チャージャーと同じく、ヒトの姿を晒してチャージしないといけないので、壁などに隠れてチャージし、チャージが終わったら顔を出すという使い方がメインになります。

たしかに、シューターと比べるとクセがありますが、チャージャーと比べると、だいぶ使いやすい!しばらく練習すれば、すぐに使いこなせるようになるでしょう!

「バレルスピナー」のサブ・スペシャル

塗りがすごく苦手というわけではありませんが、チャージが必要なメインの塗りを助けてくれる優秀なサブです。

前線からつかず離れずの位置で立ち回ることが多いという意味でも、前線に投げ込める「スプリンクラー」は、相性がいいですね!

もちろん、オトリにも使えます!

ちょっと仕様が変更になっているようなので、それが、どう転ぶかといったところ。

スペシャルは「ハイパープレッサー」!射程の長いブキばかりセットになってますねw

メインの射程は長いほうなので、相性はイマイチかな。メインが届かない場所にいる相手にプレッシャーをかけられるのは、いいところです。

感想

スピナーは使ってて楽しいんですよね~!ブキ性能が高いから、有利な状況をつくりやすいしね!

ただ「ヒト移動速度アップ」のギアパワーがないと動きが重いので、それまでは我慢が必要ですね。あと、相手のチャージャーが上手いと、めちゃくちゃ撃ち抜かれるw

スプラ1のとき、私のメインはスピナーだったので、スプラ2のスピナーも楽しみにしてます!

※この記事の内容は2017年6月24日時点のものです。

【スプラ2】「キューバンボム」の基本性能

スプラ2の「キューバンボム」の基本性能を紹介します。

「キューバンボム」の基本性能

確定数 1発

壁やヤグラなど、どこにでもくっつくボムです。略して「キューバン」と呼ばれることも。

設置してから爆発までの時間は約2秒と、ちょっと長めです。キューバンを見てから逃げても、十分間に合う時間です。死角に設置しない限り、キルを取るのは難しいサブだといえます。

ただ、爆風の範囲はスプボムよりも広く、けん制やクリアリングなど、使い勝手のいいサブですね!

また、塗り範囲もスプボムより広く、瞬間的な塗り性能があるので、エリアの確保にも一役買ってくれます。

まだ、わかんないですが、スプラ1から性能の変更はないみたいですね!

「キューバンボム」を使えるブキ

今のところ、キューバンを使えるのはバケツだけです。どのブキについても問題ないサブなので、他のブキにもついているものが多いんじゃないでしょうか。

感想

スプラ1からの続投ですね!

キューバンは、爆発すると一瞬である程度の範囲を塗れるので、実はエリアの確保に向いてるんですよね!エリアは、一瞬でも一定以上塗れれば、確保になりますからね~!

多くのブキのサブになりそうな性能なんですが、今のところバケツだけです。意外!まあ、今後たくさん出てくるでしょうけどね!

※この記事の内容は2017年6月24日時点のものです。

【スプラ2】バケツ(バケットスロッシャー)の基本性能(サブ・スペシャル)

スプラ2の「バケットスロッシャー」、通称「バケツ」のサブ・スペシャルなど、基本性能を紹介します。スプラ2でもクイコンはできるのか!?

「バケットスロッシャー」の基本性能

サブ キューバンボム
スペシャル マルチミサイル
確定数 2発

バケツ!他のTPSやFPSで武器として使われることはないであろう、スプラトゥーンらしいブキのひとつですね!

バケツは放物線に近い軌道でインクを放つことができ、低い壁の向こう側などに隠れた相手を、一方的に攻撃することができるのが強みです!射程も中距離シューターくらいにはあります。

一般的なシューターとは違い、ボタンを押し続けても連射することはできず、ボタンを連打することで連射するタイプです。その点はローラーに近いですね!

確定数は2発。1発で敵を倒すことはできないので、基本的にボタンをカチカチ鳴らすことになりますね!

「バケットスロッシャー」のサブ・スペシャル

サブは「キューバンボム」!かなり使い勝手のいいサブですが、メインと相性抜群のクイボを取り上げられ、クイコンを失ってしまいました!これは痛い!

「クイコン」とは?

「クイコン」とは「クイックボム」とメインのコンボです。スプラ1のバケツはサブがクイボで、クイコンで相手を一瞬で倒すテクニックは、バケツの主な戦術であり、強みでもありました。

もちろん、メインだけで戦えないことはないですが、立ち回りの変更は余儀ないです。メインの特性を活かし、有利な状況を選んで戦う、慎重な立ち回りが多くなるのではないでしょうか。

スペシャルは「マルチミサイル」です!遠距離攻撃の手段としては、かなり優秀なスペシャルで、足場を失ったり、逃げてきた相手をメインで倒すという戦術には、お世話になることが多くなるのではないでしょうか。

感想

弱体化と言い切るのはどうかと思いますが、個人的には弱体化してるんじゃないかと思いますw

今のところ、他にクイコンを使えるブキは公開されていません。

スプラ1と比べると、スプラ2は爽快感が失われてそうで心配なんですよね。クイコンを使えるブキが(今のところ)なかったり、スパショみたいに爽快感のあるスペシャルがなかったり。BGMも落ち着いちゃってるし。

ていねいにつくってるみたいなので、最終的には「めちゃくちゃおもしろい!」と言えると期待してますけどね!

※この記事の内容は2017年6月23日時点のものです。

【スプラ2】「スプラスコープ」の基本性能紹介!「チャージキープ」不可?

スプラ2の「スプラスコープ」、通称「スプスコ」の基本性能を紹介します!スプスコは新アクションの「チャージキープ」ができないのか?

「スプラスコープ」の基本性能

サブ スプラッシュボム
スペシャル ハイパープレッサー
確定数 1発

スプチャにスコープがついたブキです。ので、サブスペはスプチャと同じです。

スコープがついたことで、チャージすると照準がアップになります。相手を狙いやすくなる半面、視野が狭くなり、チャージ中の相手の攻撃には弱くなります。

また、スコープなしのスプチャより、射程がちょっとだけ長いです!使いこなせるプレイヤーにとっては重要な要素で、スコープなしのスプチャと撃ち合いになったとき、射程ギリギリで戦うことで、一方的に撃ち勝つことができます!

スプラ1ではスコープつきを使うプレイヤーのほうが圧倒的に多かったですが、スコープつきは新アクションの「チャージキープ」を使うことができません。

「チャージキープ」があれば、チャージャーでも前線に出やすくなります。どのルールでも後方からずっと相手を撃っているだけというわけにはいかないので、前線に出やすくなる「チャージキープ」も魅力的なんですよね~。

感想

今のところ、スコープありとスコープなしは、どちらのほうがいいともいえません。最終的にも、自分が使いやすいほうを使えばいいということになる可能性が高いと思います。

私はチャージャー苦手なほうなんですが、使っててすごく楽しいブキのひとつなので、スプラ2では使いこなせるようになりたいですね~!

※この記事の内容は2017年6月23日時点のものです。

【スプラ2】「ジャンプビーコン」の基本性能紹介!相対的に強化か

スプラ2の「ジャンプビーコン」の基本性能を紹介します。スプラ2の環境だと、相対的に強化されたといっていいのではないでしょうか!なぜなら…

「ジャンプビーコン」の基本性能

サブウェポン「ジャンプビーコン」はスプラ2にも登場します!

「ジャンプビーコン」、通称「ビーコン」は地面に設置しておくことで、いつでもスーパージャンプすることができるサブです。

誰かがビーコンにスーパージャンプしてくるか、相手の攻撃で壊されるまで設置されたままです。

前線に設置すると、すぐに壊されてしまいますが、前線一歩手前に設置することで、前線を維持しやすくなり、地味ながら強力なサブです!

スプラ2では相対的に強化か

スプラ2では「復活時間短縮」のギアパワーが弱体化し、おそらく「ステルスジャンプ」のギアパワーも廃止になっています。

どちらも前線に素早く復帰するためのギアパワーで、スプラ1の後期は「ゾンビ環境」といわれるほど「復活時間短縮」が蔓延っていました。

スプラ2では前線に素早く復帰するための手段に乏しくなったわけですが、そこで活躍するのが「ジャンプビーコン」!他の前線に素早く復帰する手段が乏しくなったので、相対的に強化されたといっていいのではないでしょうか!

前線に素早く復帰できると前線が下がらない、維持できるので、どのルールにおいても有用なんですよね!特に広いステージでは効果てき面です!

感想

ビーコンは個人的に好きなサブのひとつなので、続投されてうれしいです!しかも、おそらく相対的に強化されて!

あとはステージ次第ですが、ビーコンや「スプリンクラー」の設置場所も考慮して設計されていると思うので、おそらく大丈夫でしょう!

あ、あと、どのブキにつくのかも重要だなあ。どのブキについても相性が悪いことはないと思いますが、できれば前線で戦うブキについてほしいですね!

※この記事の内容は2017年6月23日時点のものです。

【スプラ2】「ハイパープレッサー」は弱い?射程・強化点まとめ

スプラ2の新スペシャル「ハイパープレッサー」は弱いのか?試射会からの強化点と併せてお伝えします!

「ハイパープレッサー」の基本性能

これ強そう!!
見た目や、文章で読むとすごく強そうなんだけどね~。今のところ、最弱のスペシャルだといわれてるよ。

壁を貫通するレーザーのようなインクを発射できる新スペシャルです!

見た感じ、すげー強そうなんですが、インクを発射している間は、照準の動きがすごく遅くなり、自身もほとんど動けないという、めちゃくちゃクセのあるスペシャルです。しかも、確定1発ではなく、当て続けることで連続ヒットするような感じ。

射程は無限のように見えますが、射程が無限と確認したイカを見てないんですよね~。チャージャーよりは圧倒的に長いです。

「ハイパープレッサー」の動画


塗れないし、試射会でも、すげー弱いスペシャルだったからか、発売前の段階で調整が入りましたw

強化された点

ZRを押している間だけ発射できるようになった

試射会では、発動させると常にインクを発射している状態になっていましたが、ZRを押している間だけ発射できるようになりました。

インクを発射していない間は素早く照準を動かせるようになり、照準の動きの重さが改善されました。

カベの裏の相手のシルエットが見えるようになった

見えない場所にいる相手のシルエットが見えるようになり、「ハイパープレッサー」を当てやすくなりました。発射してない間だけですが。

それでも、撃ってない間に位置を確認できるので、かなりキルを取りやすくなったと思われます。

発動中でもインクに潜って移動できるようになった

相手が距離を詰めてきても逃げられる可能性が生まれました。これで「発動したらやられるスペシャル」というレッテルも、多少緩和されました。

「ハイパープレッサー」を使えるブキ

全体的に射程が長いブキについてますね!「ハイパープレッサー」の射程はチャージャーよりも長いので、前線から一歩引いた場所で立ち回るブキとの相性は悪くありません。

「ハイパープレッサー」は弱い?

現状、最弱のスペシャルだと思います。これだけ強化されても最弱の座から動けなかった。

ガチヤグラではヤグラの上の相手をどかしたり、ガチホコバトルではホコのバリアを割ったり、ホコを持っている相手が遠い場所にいるときなどに使えそうですが、ナワバリやエリアでの活躍は難しそうです。

ナワバリのときは、スペシャルがたまっても発動させないほうがいいまである。塗れないし、発動中はメインが使えなくなるので、インク回復の手段としても使えませんしね~。

サーモンランで活躍させてください。

サーモンランで、ラッシュでインクが切れたときに使ったり、遠くのオオモノシャケを倒したりするのに大活躍だったよ!!
たぶん、いちばん活躍できるのはサーモンランだね。

※この記事の内容は2017年7月25日時点のものです。

【スプラ2】「スプラッシュボム」の基本性能

スプラ2のサブウェポン「スプラッシュボム」、通称「スプボム」の基本性能を紹介します。

「スプラッシュボム」の基本性能

スプラ1から、ほぼ変更なしみたいですね!地面についてから約1秒で爆発。爆発の一定範囲内にいる相手を1発で倒すことができます。インク消費量は、変更がなければ70%。

ボム転がしも可能で、ボムを構えたときに表示される補助線が、ギリギリ表示されなくなるまで下を向いた状態で投げると転がせます。

置きボムも可能。限界まで下を向き、イカダッシュで後ろに下がりながらボムを投げます。

けん制に、キルに、クリアリングにと、立ち回りの幅を広げられる使いやすいサブです!

「スプラッシュボム」を使えるサブ

今のところ、チャージャーだけですね!「スプラチャージャー」との相性は、なかなかいいです。

個人的には中距離シューターのサブに欲しいんですけどね~。

感想

発売前の段階だと、あまり書くことがないですねw

おそらく「ヒーローモード」の初期装備で、標準的なサブウェポンになると思われます。

まだ公開されていませんが、「わかばシューター」にも搭載されてほしいですね!

※この記事の内容は2017年6月22日時点のものです。